晩秋から初冬へ 今シーズン最後の上高地へ

  • 2019.11.08 Friday
  • 13:45

こんにちは、女将です。

台風に振り回され雨の多かった10月でしたが、このところ、好天が続いています。

先日11月6日に、閉山間際の上高地へ行ってきました。

 

今回の旅の目的はふたつ

ひとつは、上高地でとうじそばを食べること

もうひとつは、明神のカフェドコイショでケーキとコーヒーを楽しむこと

 

沢渡バスターミナル9時発、20分後には大正池、素晴らしい逆さ穂高です。

そして、かなり寒いです。

この日の私の身支度は冬用のパーカーに毛糸の帽子と手袋、正解でした。

大正池では浚渫工事も始まっていて、冬の訪れを感じさせられます。

浚渫とは池の土砂を吸い上げることで、これをやらないと、いつの日か大正池はなくなってしまうと言われます。

池の水の確保と景観維持のため東京電力が毎年この工事を行っています。

何故、電力会社が?と思われる方もおいでかもしれません。

実は大正池の水は隧道を通って沢渡まで運ばれ、水力発電に使われているのです。

大正池から散策路を進むと、前方になにやら白っぽく見えるところがあり、

行ってみると、地面は凍り、あたり一面霜が降りで

その一角だけが、冬景色でした。

これは、もしかしたら田代池でも幻想的な景色が見れるのでは・・・と先を急ぎます。

田代池には太陽が燦燦と降り注ぎ、まぶしくて見えないほど。

もっと早い時間に来ればよかったです。

 

河童橋に向かう道はカラマツの落葉で黄色く染まり

人通りも少なく静かな秋の風景です。

河童橋からの穂高連峰

清水川の水も冷たそう

ビジターセンターに寄ってから、小梨平まで行ってみることにしました。

キャンプ場も冬じまい、

 

静かな晩秋から初冬へ向かう上高地でした。

ところで、今回の旅の目的は達成されたのか と言いますと

結論から言いますと、二つとも達成できませんでした。

とうじそばは団体客が入っていて、カフェはこの日お休みでした。

というわけで、五千尺キッチンの信州米豚の贅沢カツ丼の画像で終わりとします。

女将

コメント
こんばんは。
いつも素敵な写真をありがとうございます。
また、先日はお世話になりました。

気ままな一人旅、早朝の上高地散策を楽しみました。
大正池から河童橋までは歩いたことがないので、
次は散策したいと思っています。

また伺いますね。
  • たま(=^・^=)
  • 2019/11/09 11:37 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM